KABUBAYASHI.COM

投資初心者から頂いた質問に答える、ヘッジファンドの「地道な」投資の知識と考え方

第14回 仮想通貨、ビットコインへの投資の方法論

【質問へ回答:ビットコイン】今から投資しても、遅くないでしょうか?

—————-

個人投資家のAと申します。ブログ、冷めていて、独特な視点ですね笑 さて、ひとつ質問です。ビットコインが爆騰していますが、今から投資しても遅くないでしょうか?

—————-

 

質問頂き、ありがとうございます。

 

この質問は、驚くほど多いです。

 

ビットコインなどの仮想通貨への投資について、私の考え方を述べさせて頂きます。

 

まず最初に、私は「最終的に仮想通貨の価値がいくらになるか」という投資はしないということです。

なぜかと言うと、最終的に仮想通貨の価値がいくらになるか、については多くの情報を持ち、多く考察を重ねている方が、少なくても私よりかなり多くいらっしゃるのでは、と思うからです。

 

ですので、むしろ、「最終的にいくらになるかはわからないけれども、そこに至る過程での上げ下げで儲ける」という方針です。

その方が、少なくても私には、今まで株式市場でやってきたことが生きる可能性が高いからです。

 

その上で、どんな戦略を取るか。

まず私は、基本的にはファンダメンタルズよりも、テクニカル派です。

その理由は、事実というよりも戦略の軸となる思想で、ブログのそもそも情報戦に勝つ必要があるのかのページで詳しくご説明しましたので、ご覧頂ければと思います。

 

したがって、仮想通貨が分裂した、先物を上場する、どこかの国が取引を認める・認めない、といったニュースに基づいた投資は、しません。

それは私以外の方にとっては儲かる方法かもしれませんが、少なくても私にとっては、ベストではないからです。

 

それでは、テクニカル的にはどう考えればいいでしょうか。

ここではビットコインに絞ってお話します。

まず大事なことは、時間が経つに連れて、ビットコインのチャートは、株で普段使っている戦略とツールで分析できるようなチャートになってきているということです。

おそらく分足などの比較的短いスパンで株や為替をやってきた方でしたら、私よりも早く、ビットコインのチャートが予測可能になっていたのではないでしょうか。

私はもう少し長いスパンで分析していますので、ようやく最近、予測精度が上がって来ました。

 

ここから、少なくても現時点で、二つの結論を申し上げることができます。

 

一つは、これは誰の目にもほぼ明らかなことですが、ビットコインのチャートは、見た目上は大きく上げているように見えるが、実質的にはそんなに上がっていないように私には見える、ということです。

その見方を持った上で、ビットコインのチャートを分析してみて下さい。

おそらく、その見方を持つ前よりは、かなりいろいろな戦略が思い浮かんでくるはずです。

その戦略を使えば、勝率を今までより上げることができるのではないでしょうか。

 

もう一つ、これは具体的な投資の結論ではないので、もう少し抽象的な話になりますが、より重要だと私は考えます。

つまり、少なくてもビットコインについては、株や為替で鍛えられた歴戦の強者トレーダーが、儲かりそうだな、と参入して来やすいチャートの状態にどんどんなっている、ということです。

私ですら、そう思うのですから。

それが何を意味するかと言うと、明らかに時間が経つに連れて、投資する人口は増えて、ビットコインに入ってくるおカネは増えるけれども、そこから利益を得るのは明らかに技術的優位性を持った人にどんどん限られてくる、ということです。

なぜなら、株や為替がそうなっているからです。

 

これを踏まえた上で、ビットコインへの投資はどう考えればいいでしょうか。

 

一つは、短期的な値動きを追わず、「最終的にいくらになるのか」に賭けるということです。

ただし、これについては、既に多くの方が相当な情報を仕入れて、既におカネを投じているはずですので、その方々が売りに転じると、大きな損失だけが残ることに注意が必要です。

 

二つ目は、短期的なトレードで負けないように、本質的な投資の力を身につける、ということです。

私はこれが、遅いようでいて、実は一番の近道だと思います。

なぜなら、本質的な投資の力を身につければ、「買い」だけではなく、「売り」(空売り、ショート)でも儲けることができるからです。

何が言いたいかというと、特に最近の仮想通貨では、「早く買わなければこの波に乗り遅れるのではないか」「いや、今からでは怖い」といった二元論が支配的になり過ぎやしないか、ということです。

それはそれで議論して頂いて結構なのですが、トレードで生活している立場から言うと、投資対象というのは、株にせよ、為替にせよ、「いわゆる本質的な価値まで上がって、そこでピッタリ止まって、ずっと横ばいを維持し続ける」なんていうことは、私が知る限り、過去一度もありません。

上がったものは、どれくらいかは場合によりますが、必ず下がります。

ですので、現時点で儲けられる技術がないならば、技術を身につけることが最も重要なのではないでしょうか。

 

そして最後に三つ目に、以上述べてきたようなことが、現状もし正しいとすると、「投資対象の乗り換え」が起こるはずです。

これは私の専門である株では当たり前に起きている現象です。

ビットコインだけでなく、他の仮想通貨が上がっているというのは、そのためではないでしょうか。

だとすると、「他の仮想通貨に買いで入ればいいのでは?」という考えが真っ先に浮かびます。

その考えを否定するつもりは全くありませんが、一つ念頭に置いて頂きたいことがあります。

それは、「なぜビットコインの上昇を人より先に予想できなかったのに、他の仮想通貨の上昇は人より先に予想できると思うのか?」ということです。

この疑問に正面から誠実に答えることが、のちのちその投資の成否に大きな影響を与えると、私は考えます。

この疑問に対してもし自信を持てるのであれば、他の仮想通貨に買いで入ることも可能でしょう。

もしそうでないなら、他の仮想通貨に買いで入るようなことはせずに、二つ目の、「本質的なトレードの力を身につける」ことに時間を使います。

そのために、当サイトを100%すみずみまで、活用して頂ければと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 KABUBAYASHI.COM

テーマの著者 Anders Norén